読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

レイルに乗ってみた〜Rails of Ruby on Rails その08「タグクラウドも簡単に〜第3章終了(つдT)」

Rails

レイルに乗ってみた〜 目次
書籍『Rails of Ruby on Rails ~Case of LOCUSANDWONDERS.COM~』で勉強してみた(p110〜)

タグ・クラウド機能 プラグインをインストール

gitからacts_as_taggable_on_steroidsをインストール

~/work/locus $ script/plugin install git://github.com/mattetti/acts_as_taggable_on_steroids.git
removing: /Users/username/work/locus/vendor/plugins/acts_as_taggable_on_steroids/.git
Initialized empty Git repository in /Users/username/work/locus/vendor/plugins/acts_as_taggable_on_steroids/.git/
remote: Counting objects: 46, done.        
remote: Compressing objects: 100% (41/41), done.        
remote: Total 46 (delta 3), reused 40 (delta 2)        
Receiving objects: 100% (46/46), 17.77 KiB, done.

ジェネレータでタグ関連ファイルを生成

~/work/locus $ script/generate acts_as_taggable_migration
      exists  db/migrate
      create  db/migrate/20080910103308_acts_as_taggable_migration.rb
Loaded suite script/generate
Started

Finished in 0.00041 seconds.

0 tests, 0 assertions, 0 failures, 0 errors

タグ関連テーブルを作成

マイグレーション実行でtagsとtaggings二つのテーブル作成される。

~/work/locus $ rake db:migrate
(in /Users/username/work/locus)
== 20080910103308 ActsAsTaggableMigration: migrating ==========================
-- create_table(:tags)
   -> 0.0077s
-- create_table(:taggings)
   -> 0.0067s
-- add_index(:taggings, :tag_id)
   -> 0.0039s
-- add_index(:taggings, [:taggable_id, :taggable_type])
   -> 0.0046s
== 20080910103308 ActsAsTaggableMigration: migrated (0.0246s) =================

Loaded suite /opt/local/bin/rake
Started

Finished in 0.000434 seconds.

0 tests, 0 assertions, 0 failures, 0 errors


以下躓くとこも無く、ほぼ書籍のままなので略

スタイルシートを変更

書籍で表記されてる「公開」は「public」のこと
public/stylesheets/blog.css

ブラウザで確認(http://localhost:3000/entries

一覧表示が逆順になった。


メモ

  • 駆け足で『Chapter 03 ブログの作成』終了。
  • インストール関係以外は、善くも悪くも細かい説明が無いからスムーズに進められる感じ。
  • Chapter 04も一通り動かしてから、また最初から細部を見て行く予定。とりあえず先進んでみる。
  • Railsは使いたい機能をプラグインで追加して作り上げるの理解でOK?
  • 自分みたいな初心者は『いたさんのブログ | rails to Niigata』さんが和訳された『Four Days on Rails日本語版』とかで予習しておくのが吉(読んでてよかった)