読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Emacsのあれどうやるんだっけ?的なコマンドなど

Emacs

若干修正・追加
追加:『 (back-to-indentation)』
修正:リージョンを大文字に・小文字に
若干修正
追加:ファイルを履歴検索して開く

ファイル

  • C-x C-f M-r
    • ファイルを履歴検索して開く

編集

  • M-x sort-lines
    • 行をソート。数引数を指定すると降順にソート(m-0 M-x sort-lines とか?)
  • C-0 C-k
    • カーソルから先頭まで削除
  • C-x C-q
    • バッファを読み出し専用状態に切り替え (toggle-read-only)
  • C-x r t [string] RET
    • 指定した矩形領域の各行にstringを挿入 (string-rectangle)
  • C-x z z z ... 前回のコマンドの繰り返し (repeat)
  • M-m
    • インデントの行の最初の空白でない文字にポイントを移動 (back-to-indentation)
  • C-x C-q
    • バッファを読み出し専用状態に切り替え (toggle-read-only)
大・小文字の変換
  • M-l
    • ポイントに続く単語を小文字に変換 (downcase-word)
  • M-u
    • ポイントに続く単語を大文字に変換 (upcase-word)
  • M-c
    • ポイントに続く単語をキャピタライズ (capitalize-word)
  • M-- M-l(meta key+-[マイナス] M-l)
    • ポイントの直前の単語を小文字に変換
  • M-- M-u
    • ポイントの直前の単語をすべて大文字に変換
  • M-- M-c
    • ポイントの直前の単語を最初の文字だけ大文字にして残りを小文字に
  • C-x C-u
    • .emacs.elに設定を書く (put 'upcase-region 'disabled nil)
    • リージョンを大文字に (upcase-region)
  • C-x C-l
    • .emacs.elに設定を書く (setq case-replace nil)
    • リージョンを小文字に (downcase-region)
検索・置換
  • C-s w
    • カーソル右の単語を捕獲してインクリメントサーチ
  • M-%
    • 文字列置換 (query-replace)
    • *置換中に編集を行うには、C-rで中断・編集. C-M-cで再開.
  • C-M-s(もしくは C-u C-s)
検索・置換時などの『改行』や『タブ』の入力
  • C-q C-j
    • 改行を入力
  • C-q C-i
    • タブを入力

ウインドウ

  • C-x o
    • 別のウィンドウを選択する (other-window)
    • ※ミニバッファがアクティブの場合は、ミニバッファも選択対象
  • C-x 3
    • 左右に画面を分割 (split-window-horizontally)
  • C-x 5 o
    • 他のWindowに移動 (other-frame)