読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Emacs24.1 で anything をインストールするのに package-list-packages 使ったら物凄く簡単にできるようになってる件

Emacs

package-list-package で一覧から選んでインストール

M-x package-list-package でリストが表示されるから

  • anything
  • anything-config

を 『i』キーで選択、『x』で実行、インストールされる。

Config

とりえあず M-x anything-for-files が使えれば以下が利用できる

    • Buffer
    • Recentf
    • Files from Current Directoruy

なので自分の好きなキーバインドを init.el に書く
修正

(require 'anything)
(global-set-key (kbd "C-]") 'anything-for-files )

こんだけで使える

anything 起動してウインドウ開いた時に キーバインドを再び押すとウインドウを閉じるように設定してみる

追記修正

(require 'anything)
(setq my-anything-keybind (kbd "C-]"))
(global-set-key my-anything-keybind 'anything-for-files)
(define-key anything-map my-anything-keybind 'abort-recursive-edit)