読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Javascript で関数定義を確認して使わないと予想外の結果になる例のメモ

Javascript
var array = ["1","2","3","2","1"];
var a = array.map(parseInt);
console.log(a); //-> [ 1, NaN, NaN, 2, 1 ]

console.log(parseInt(1, 0)); //-> 1
console.log(parseInt(2, 1)); //-> NaN
console.log(parseInt(3, 2)); //-> NaN
console.log(parseInt(2, 3)); //-> 2
console.log(parseInt(1, 4)); //-> 1

var b = array.map(function(n) {
  return parseInt(n);
});
console.log(b); //-> [ 1, 2, 3, 2, 1 ]
Array.map

array.map(callback[, thisObject]);
:
callback は、要素の値、要素のインデックス、走査されている Array オブジェクトという 3 つの引数をともなって呼び出されます。

Array.map - JavaScript | MDN

引数(要素の値、要素のインデックス、走査されている Array オブジェクト)

parseInt

var intValue = parseInt(string[, radix]);
:
parseInt 関数はその第一引数である文字列をパースし、第二引数に指定された基数の整数を返します

parseInt() - JavaScript | MDN

引数(文字列、基数)