読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Javascript で url のパラメータを取るメモ

Javascript

(es5)

こういうURL で next とかの値を取りたい https://www.google.co.jp/?prev=next=http://foo.com&next=http://bar.com

source code

function parseParameter(key) {
  var val = null;
  var params = [];
  var items = location.search.substr(1).split('&');
  var i;

  for (i = 0; i < items.length; i++) {
    params = items[i].split('=');

    if (params[0] === key) {
      val = decodeURIComponent(params[1]);
    }
  }
  return val;
}

動作確認

url例

consoleで実行

>  parseParameter('next')
"http://bar.com"

こんな感じ?

参考

eslintでES2016の可変長引数が引っかからないようにするメモ

Javascript

const {  hoge, ...props } = this.props;

...props のとこで Parsing error: Unexpected token ... になる

.esrintrc

"parserOptions": {
  "ecmaVersion": 6,
  "ecmaFeatures": {
    "experimentalObjectRestSpread": true
  }
},

これで error 消える

参考

javascript の for...of と for..in のメモ

Javascript
'use strict';

const any = (arr) => {
  for (let value of arr) {
    if (value) {
      return true;
    }
  }
  return false;
};

console.log(any([false, false, false]));
console.log(any([false, true, false]));
//=> false
//=> true


const object = {foo: [false, false, false], bar: [false, false, true]};

for (let key in object) {
  console.log(key);
  console.log(object[key]);
}
//=> foo
//=> [ false, false, false ]
//=> bar
//=> [ false, false, true ]
  • 配列は for...of
  • オブジェクトは for...in

参考

vagrant の不要な仮想マシンを削除するメモ

Vagrant

忘れそうなのでメモ

この記事参照

dqn.sakusakutto.jp

消したはずの仮想マシンvagrant global-status で表示されてしまう場合、--pruneオプションをつければゴミ掃除してくれます。

$ vagrant global-status --prune

HD容量が10Gくらい空いた。助かりました。