牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Helm から counsel に乗り換えメモ

前置き

go-mode+lsp-mode 使用時に helm を使うとEmacsがちょくちょくフリーズするのでググったら 「helm開発終了」とか出てきた。
けどgithubみたら最近コミットされてるようだけど?

github.com

でも go-mode+lsp-mode でフリーズされるの困るからcounselに乗り換え。

設定

ググって出てくるブログ記事より 本家ドキュメント? が参考になった。

(progn
  (setq ivy-height 35)
  (setq ivy-use-virtual-buffers t)
  (setq ivy-count-format "(%d/%d) ")
  (global-set-key (kbd "C-]") 'counsel-switch-buffer)
  (global-set-key (kbd "M-Y") 'counsel-yank-pop)
  (global-set-key (kbd "M-X") 'counsel-M-x)
  (global-set-key (kbd "C-c g") 'counsel-git)
  (global-set-key (kbd "C-x d") 'counsel-dired)
  (global-set-key (kbd "C-x C-b") 'counsel-ibuffer)
  )

設定はとりあえずこれだけでやってみる。

ちょっといじっての第一印象はhelmより簡素な感じ。

ギター改造計画メモその6:配線まわりをまるまる取り替えてみる

f:id:CortYuming:20210408121620j:plain

前置き

失敗続きのポット交換(頓挫その1頓挫その2)に懲りずにリベンジ。

購入したもの

合計
4,552+734 = 5,286円

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07T7N8SVZ/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

f:id:CortYuming:20210406132015j:plain
わりと立派な箱に入れられてた配線キット
f:id:CortYuming:20210406132113j:plain
配線キット良さげな感じ

実作業

f:id:CortYuming:20210406205545j:plain
前に購入済みだった大きいポット用ピックガードを流用。(失敗配線は外した)

  • 配線ハーネスキットをピックガードに取り付け
  • ギターに付いてるピックアップ外して移植
  • ギボシ端子を取り付け。
    • ボリュームポットに取り付ける線x3
    • ジャックにつなげる線x2
    • ノイズ対策用の裏側に繋がるやつx1
  • 半田付け作業
    • 簡単そうなセレクタスイッチから着手。すんなりできた。
    • やはりボリュームポットの上のピックアップにつながるコールド線を付けるのが難関。でも今までの失敗がここで生きてわりと早くできた。
  • 音出るか確認。大丈夫そう。
  • 組み込み
    • ピックガードがうまく収まらずちょっと難儀した
  • 外したもの取り付けて調整して完了
    • と思ったらコントロールノブがハマらない。新しく取り付けたポットがインチらしい...
    • とりあえずamazonでインチサイズのコントロールノブを購入
      • インチサイズで正解。付けられた。
  • そしてセンターピックアップの音が出たり出なかったりの不具合発覚...
    • またバラしたらボリュームポットの上のピックアップのコールド線に繋がるハンダが取れてた...。
      • 付かなくてあれこれしてたらフロントピックアップにつながるコールド線も取れた...
      • 1時間近く格闘してなんとかハンダ付けできた。
        • 付けるポットの上にハンダゴテを置いてを温めて、ハンダゴテの先にハンダを多めにつけて10秒くらい待ってから付けるといいかも?(youtubeの動画とかとやり方真逆だけど)
      • ハンダ付けもうやりたくない気持ち。   f:id:CortYuming:20210407233659j:plain f:id:CortYuming:20210407004524j:plain
        f:id:CortYuming:20210408121223j:plain
        インチサイズのノブ
        f:id:CortYuming:20210408121613j:plain
        完成

感想

  • フロントPUの音なかなか良い。10万円台のギターに負けてない気がする。センターPUも良い。
  • リアPUはいいのかどうかよくわからないけど安いギターの音ではない。セッティングの仕方もいまいちわからない。調整でもうちょいよくなりそうな気がする。
  • ピックアップセレクタとノブの挙動の重みが丁度よく使いやすくなった。安いものだと軽すぎて少々使いづらかった。
  • ストラトの音を大きく左右するのはポット・配線まわりかもしれない。次にピックアップとトレモロブロック。
  • 初めてのギター改造でハンダゴテも初めて使ったけどなんとか完成できてよかった。
  • 完成形は妄想してた音にほぼ近く満足の出来。中華パーツなかなか侮れないというかコスパすごすぎる。

Emacs の tramp-mode で sshで入ってファイルを開くメモ

最初の出だしなんだったか忘れがち…なのでメモ

やり方

C-x C-f /ssh:{user}@{host}:{file}

これでssh で入れれば

$ ssh ayanami@rei.org 

emacsでこれで開けるはず

C-x C-f /ssh:ayanami@rei.org:~/foo/bar.txt