読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牌語備忘録 -pygo

あくまでもメモです。なるべくオフィシャルの情報を参照してください。

牌語備忘録 -pygo

Emacsのanythingの設定を見なおしてみた。

Emacs

しばらくぶりにアップデートしたら多少挙動が変わっていて、設定の仕方も結構大幅に変更されているらしく見なおしてみた。
できるだけ最小限で。

init file

*1

;; http://www.emacswiki.org/cgi-bin/wiki/Anything
(require 'anything-startup)
(setq my-anything-keybind (kbd "C-]"))
;; (global-set-key my-anything-keybind 'anything)
(global-set-key my-anything-keybind 'my-anything)
(define-key anything-map my-anything-keybind 'anything-exit-minibuffer)
(define-key anything-map (kbd "C-M-n") 'anything-next-source)
(define-key anything-map (kbd "C-M-p") 'anything-previous-source)
(defun my-anything ()
  (interactive)
  (anything-other-buffer
   '(anything-c-source-buffers
     anything-c-source-files-in-current-dir
     anything-c-source-recentf
     anything-c-source-file-name-history
     ) " *my-anything*"))
  1. anything 中に anything を起動しないように
  2. anything-sourcesとM-x anythingは非推奨になったらしい
  3. いつの間にか(require 'recentf)の設定を書かなくてもよくなってた(デフォルトで入ってる)


*1:訂正変更20120107